『クソ酷いウェブサイト』という記事を読んでブログを始めて一週間の僕が考えたこと

 

 

geralt / Pixabay

 

 

 

こんにちは、ブログを初めて一週間経ったうこうとく(@himaoren)です。

 

『ひまおれ』の開設記はこちら!

 

 

 

皆さんは最近非常にブクマが付いた、ある記事(サイト?)をご存知だろうか。



[blogcard url=”https://toshimaru.net/motherfuckingwebsite/”]




僕はこの記事を読んで、大変感銘を受けた。

まるで自分に言われているように感じたからだ。



それほどこの記事で書かれている「クソひどいウェブサイト」というものと、自分が作ったこのブログが重なった。

 

 

僕は高校3年生の冬休み、ブログを作ろうと決心した。



まずはデザインからだろと思い立ち、意気揚々と知識をつけていた。



知識をつけているつもりだった。



実は自分の文章力に自信がなくて、他に逃げていたと気付かずに。

 

 

 

先週、僕はやっと初めての記事を公開した。


その時5月末。


思い立ってから何ヶ月もウダウダしていたのだ。



当然何か得られたのか、と聞かれても、特に進歩はない。



ただ大きな枠組みを作っただけ。



何回もの妥協を繰り返し、その度にモチベーションが下がっていく。



そんな時にこの記事を読んでいたら。

僕はもう少し早くスタートを切れたかもしれない。

 

 

 

ブログとは何か

 

 

ブログ、そう一言に表してもひとそれぞれあるだろう。


世の中にはアメブロしか知らないひとも多いし、wordpressなんて単語を知っているひとは数少ない。


だが、全員、面白い記事だとか為になる記事だとか身内の日記だとかを知っているし、
それぞれ違う形の「ブログ」にも、共通の満足感を感じているだろう。

 

 

要するに、形式はどうでもいいということだ。


無理して意識高いデザインのサイトを作る必要性は全くないし、要は読者に満足されればいい。


十分に読者に満足もされてない、アクセスがない、
それなのに体裁にばかり気を使っていては、ルイヴィトンの財布に35円しか入っていないのと同じだ。

 

 

今の僕は、ものすごく記事数が少ない。


なので一刻も早く、
読者の満足するサイトにするために記事を投稿し続けなければならない。

 

 

 

自分が楽しむこともとても大切

 

 

ブログにおいて大切なこと。


それは継続する力だ。

 

 

いまやブログにおいて一番難しいことも継続することだというのは誰しもが知っているが、

では、継続して記事を投稿するにはどうしたらいいのか。

 

 

簡単だ。

自分が楽しむのである。

 

 

あの有名なやぎペーさんもこんなことを言っている。

 

 

 

好きを仕事にする。



自分自身が仕事を楽しむ。


そのことと読者を楽しませること。



二つのバランスが保てて初めてスタートラインに立てるのだと僕は思う。

 

 

まとめ

 

 

僕のブログはまだ記事が少ししかない。

 

いまやるべきことは記事を更新すること。

 

 

そして、何よりも大切なことは、
読者に満足してもらえるような記事を書くこと。


充実したコンテンツを増やすために、自分が楽しむことを念頭に置いて頑張ろうと思います。

 

 

最近ブログを始めた方、
なんだかフワフワした考えを持っているブロガーさんにこの記事が届いて、
その気持ちの着地点の目印となれば幸いです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です